2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.07.11 (Thu)

七夕とねがい

 梅雨がとても速くあけました。いきなり暑いですねー。暑いなー。と記事を書いたのが昨年は8月6日でした。
桜も早かったし、季節が少し早く来るのでしょうか。

 小学生が笹の葉に願い事を書いた短冊を付けて学校から帰宅しています。「ドラえもんに会いたい。」「みんなが幸せでありますように。」「勉強ができますように。」などいろいろ・・・・。『七夕』の歌など知っているのだろうか。教科書からは懐かしい唱歌がどんどん消されていると聞きます。残念なことですが、日本の美しさや、日本人の心、一人一人の大切な思い入れを是非歌続けていきたいものです。
 3.11以来、演奏会のアンコ―ルで会場の皆様と『故郷』を歌うことが多くなりました。本当に日本人の「心の歌」です。何かほっとして隣の人と手を握り合いたくなりませんか。

 謳歌でも、今年はレパートリーとして唱歌を歌っています。「故郷、浜辺の歌、花、荒城の月、鯉のぼり」です。いずれの曲も富澤先生の編曲ですが、詩の解釈や、情景や、表現や、曲の歴史や、その心や、・・・。
沢山学んでいます。

 天の川をはさんで、こと座のベガが織姫の星、わし座のアルタイルが彦星。雨で川を渡れないときは、かささぎに乗って、会いに行くとか、今年は願いがかなったのでしょうか。


 謳歌では団員を募集いたしております。練習日程は、来年5月まで別に表示した通りです。会場はその都度ご案内いたします。是非お気軽に練習見学においでください。お待ちいたしております。

 次回の練習曲は信時 潔『混声合唱組曲 沙羅』です。楽しく合唱しましょう。


                        文 清水 正貴





17:56  |  トピックス  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |