FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.03 (Fri)

「風のうた」演奏します。

たわわに実った稲穂の、収穫の秋まっただなかでしょうか。夏に花を咲かせたのち、田から水を抜き、穂が垂れ下がった稲刈りにとりかかるころを迎えました。「風のうた」秋の風の一説にある「たもぎ」の木たちに稲がかけられ、昔ながらの収穫の姿はどれくらい見ることができるのでしょうか。(この言葉の意味が分からなくて県立新潟図書館で調べていただきました。)
間もなく寒露となり露がつめたく感じられるようになり、秋は更に深まります。

謳歌の取り組み曲「風のうた」もそろそろ仕上げを迎えました。まだまだとても苦戦状況で満足な仕上がりではありませんが、10月18日には「春の風」「夏の風」の二曲を台東区民合唱祭(藝大奏楽堂)で演奏いたします。まさに風で、空気が流れるようにとても変化のある素晴らしい曲ですし、地域性のある風や光のなどの自然の特徴をとらえた意味の深い詩と一体となってとても素晴らしい曲だと思っています。長く歌い継がれていくことを希望いたします。

この数か月間練習会場を見つけるのに苦戦いたしました。東京文化会館が工事中のため使用できず、毎回違う練習会場で落ち着ちついた練習環境を作れず、練習会場も響きの量が少なく本来のハーモニーがなかなかできなかったり、ピアノの調律がよくなかったり、ご指導の先生方や、団員の方にも迷惑をかけました。環境整備の大切さをつくづく感じた次第です。

謳歌では団員を募集いたしております。練習の見学ができます。是非ご連絡ください。お待ちいたしております。

                                      文責 清水 正貴


                                      
17:12  |  トピックス  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。